澄汁・清汁(読み)すましじる

精選版 日本国語大辞典の解説

すまし‐じる【澄汁・清汁】

〘名〙
① みそ汁のうわずみ。汁に用いる。すまし。
② 昆布や鰹節(かつおぶし)のだしに塩・醤油などで薄く味つけした透きとおった汁。また、その汁に魚肉、鳥肉、野菜などを加えた吸い物。みそ汁などに対していう。すまし。おすまし。
※俳諧・口真似草(1656)一「何水はすまし汁かやこぶ柳〈定竹〉」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

iDeCo

個人型確定拠出年金と呼ばれる任意の私的年金制度のひとつ。加入者が毎月決まった金額を積み立てて、金融機関が用意する定期預金・保険・投資信託といった金融商品から運用方法を選び、60歳以降に年金または一時金...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android