濁醪・濁酒(読み)どぶろく

精選版 日本国語大辞典「濁醪・濁酒」の解説

どぶ‐ろく【濁醪・濁酒】

〘名〙 蒸した米に、こうじと水を加えて醸造しただけの、滓(かす)をこし取らないままの白色のどろりとしたにごり酒。どびろく。どびろくしゅ。どぶろこ。もろみざけ。もろみ。しろうま。どぶ。どび。《季・秋》
※咄本・昨日は今日の物語(1614‐24頃)下「伊勢屋の酒はよそのどぶろく」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ケッペンの気候区分

ケッペンが1918年に考案した世界の気候区分法。植物分布に注目し、熱帯気候(符合A)・乾燥気候(B)・温帯気候(C)・冷帯気候(D)・寒帯気候(E)に区分した。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android