濃茶点前・濃茶手前(読み)こいちゃてまえ

精選版 日本国語大辞典の解説

こいちゃ‐てまえ ‥てまへ【濃茶点前・濃茶手前】

〘名〙 茶の湯で濃茶を点(た)てること。普通は、列席する人数分の分量を同時に一碗に点て、これを飲み回す。点て方は茶碗に人数分の濃茶を入れ、適量の湯で練るようにする。その作法は薄茶点前に比べて複雑である。濃茶点(こいちゃたて)。こいちゃ。⇔薄茶点前

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android