コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

瀬川如皐(初代) せがわ じょこう

2件 の用語解説(瀬川如皐(初代)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

瀬川如皐(初代) せがわ-じょこう

1739-1794 江戸時代中期-後期の歌舞伎作者。
元文4年生まれ。市山七十郎の長男。江戸にいき2代瀬川菊之丞(きくのじょう)の門下となる。天明3年女方から作者に転向,俳名の如皐を名のる。実弟の3代瀬川菊之丞の座付作者をつとめた。寛政6年1月23日死去。56歳。大坂出身。前名は瀬川乙女。号は東園。屋号は新浜村屋。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

瀬川如皐(初代)

没年:寛政6.1.23(1794.2.22)
生年:元文4(1739)
江戸中期の歌舞伎狂言作者。大坂の振付師市山七十郎の子で,3代目瀬川菊之丞の兄。号東園。市山七蔵の名で役者となり,明和4(1767)年江戸に下って2代目瀬川菊之丞の門弟となって瀬川と改姓。天明3(1783)年作者に転じ,俳名の如皐を名乗った。同4年11月より立作者となり,初代桜田治助に次ぐ作者として活躍,主に弟菊之丞のために狂言を書いた。所作事の作詞にもすぐれ,常磐津四天王大江山入」,長唄「狂乱雲井袖」などが知られる。2代目は江戸中・後期に活躍。号狂言堂,文車。享和1(1801)年中村座で2代目を襲名。「拙筆力七以呂波」など所作事に代表作が多いほか,『牟芸古雅志』『只今お笑草』などの著述も残した。<参考文献>守随憲治『歌舞伎序説』,河竹繁俊『歌舞伎作者の研究』

(安田文吉)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

瀬川如皐(初代)の関連キーワード狂言作者奈河亀輔歌舞伎狂言付師並木正三岩井喜代松中村菊寿中村京十郎(初代)野田碁文坂東田助

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone