コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

瀬川如皐(2代) せがわ じょこう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

瀬川如皐(2代) せがわ-じょこう

1757-1833 江戸時代後期の歌舞伎作者。
宝暦7年生まれ。はじめ初代河竹新七の門下。3代瀬川菊之丞(きくのじょう)の座付作者となり享和元年2代目を襲名。浄瑠璃(じょうるり)も作詞し,博識で知られた。天保(てんぽう)4年11月4日死去。77歳。江戸出身。前名は河竹文次。号は狂言堂。俳名文車。作品に「角兵衛(かくべえ)」「三社祭」,随筆に「牟芸古雅志(むぎこがし)」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

瀬川如皐(2代)の関連キーワードハーシェルプラッシーの戦白粒岩怪談(妖怪や幽霊にかかわる話)クライブロスバハの戦い音澂田付東渓イギリス東インド会社エクスマウス(子)

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android