コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

瀬川如皐(3代) せがわ じょこう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

瀬川如皐(3代) せがわ-じょこう

1806-1881 江戸後期-明治時代の歌舞伎作者。
文化3年生まれ。5代鶴屋南北の門下。嘉永(かえい)3年中絶していた如皐の3代を襲名。嘉永のころが全盛期。明治14年6月28日死去。76歳。江戸出身。通称は吉兵衛。前名は絞(しぼり)吉兵衛,3代姥尉輔(うばじょうすけ),藤本吉兵衛。俳名は斗文,吐蚊(とぶん)。作品に「東山桜荘子」「与話情浮名横櫛(よわなさけうきなのよこぐし)」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

瀬川如皐(3代)

没年:明治14.6.28(1881)
生年:文化3(1806)
幕末明治初期の歌舞伎狂言作者。本名吉兵衛。俳名斗文,吐蚊。号馬道の狂言堂。自伝によると,幼いころ4代目鶴屋南北(大南北)に出会い,草双紙に親しみ劇場に出入りしていたことから,セリ呉服商の傍ら,5代目鶴屋南北の門に入り,天保8,9(1837,38)年中村座で絞吉平を名乗る。両親の死後,作者に専心し,同13年3代目姥尉輔の名で初出勤。同15年藤本吉兵衛と改め,嘉永1(1848)年立作者となり,同3年瀬川如皐を継いだ。講談や合巻の脚色物を得意とし,4代目市川小団次と提携して「東山桜荘子」(「佐倉義民伝」),「与話情浮名横櫛」(「切られの与三」)などで評判をとり,歌舞伎種の合巻も書いた。晩年はライバル河竹新七(黙阿弥)に押され,明治の新気運にも乗れず,不遇に終わった。4代目は川村太一が明治30(1897)年襲名,5代目は4代目の子川村千臣が名乗って,関西で活躍した。<参考文献>仮名垣魯文編『粋興奇人伝』,関根只誠関根正直『名人忌辰録』,河竹繁俊『歌舞伎作者の研究』,郡司正勝「瀬川如皐の自伝」(『かぶきの発想』)

(安田文吉)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

瀬川如皐(3代)の関連キーワード瀬川 如皐(4代目)瀬川菊之丞(3世)瀬川菊之丞(3代)瀬川如皐(2世)瀬川如皐(5代)桜田治助(4代)鶴屋南北(5代)三社祭(邦楽)勝諺蔵(3代)四季詠寄三大字瓢箪鯰・瓢簞鯰鶯塚・鴬塚市山七十郎羽根の禿仲蔵狂乱市岡和助勝諺蔵勢獅子小原女角兵衛

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android