瀬川菊之丞(初代)(読み)せがわ きくのじょう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

瀬川菊之丞(初代) せがわ-きくのじょう

1693-1749 江戸時代中期の歌舞伎役者。
元禄(げんろく)6年生まれ。正徳(しょうとく)2年大坂で菊之丞を名のって初舞台享保(きょうほう)15年から江戸で活躍。「無間(むけん)の鐘」「石橋(しゃっきょう)」などの所作事(しょさごと)(舞踊劇)を大成させた。三都随一の女方と評され,芸談集「女方秘伝」をのこす。寛延2年9月2日死去。57歳。前名は瀬川吉次(初代)。俳名は路考。屋号は浜村屋。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android