コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

瀬川菊之丞(初代) せがわ きくのじょう

1件 の用語解説(瀬川菊之丞(初代)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

瀬川菊之丞(初代) せがわ-きくのじょう

1693-1749 江戸時代中期の歌舞伎役者。
元禄(げんろく)6年生まれ。正徳(しょうとく)2年大坂で菊之丞を名のって初舞台。享保(きょうほう)15年から江戸で活躍。「無間(むけん)の鐘」「石橋(しゃっきょう)」などの所作事(しょさごと)(舞踊劇)を大成させた。三都随一の女方と評され,芸談集「女方秘伝」をのこす。寛延2年9月2日死去。57歳。前名は瀬川吉次(初代)。俳名は路考。屋号は浜村屋。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

瀬川菊之丞(初代)の関連キーワード瀬川菊之丞瀬川菊之丞瀬川菊之丞瀬川菊之丞信達騒動信達一揆吉田藩(三河国)日韓中高生交流事業品井沼干拓池田宗旦

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone