コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

瀬川菊次郎(初代) せがわ きくじろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

瀬川菊次郎(初代) せがわ-きくじろう

1715-1757* 江戸時代中期の歌舞伎役者。
正徳(しょうとく)5年生まれ。初代瀬川菊之丞(きくのじょう)の弟。京都で初舞台,若女方として活躍。享保(きょうほう)16年江戸にいき市村座に出演。その後京坂,江戸の舞台にたつ。演技力にすぐれ,傾城(けいせい),女家老を得意とした。宝暦6年閏(うるう)11月13日死去。42歳。俳名は仙魚。屋号は浜村屋。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

瀬川菊次郎(初代)の関連キーワードルイルイルイ王朝様式プラッシーの戦白粒岩怪談(妖怪や幽霊にかかわる話)クライブロスバハの戦い有馬孝純塚田与右衛門

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android