瀬戸 わんや(読み)セト ワンヤ

20世紀日本人名事典の解説

瀬戸 わんや
セト ワンヤ

昭和期の漫才師



生年
大正15(1926)年3月10日

没年
平成5(1993)年2月10日

出生地
大阪府大阪市南区

本名
妹尾 重夫

別名
コンビ名=てんやわんや(テンヤワンヤ)

学歴〔年〕
関西工〔昭和18年〕卒

主な受賞名〔年〕
NHK漫才コンクール優勝(第1回)〔昭和32年〕,日本放送作家協会大衆芸能賞〔昭和42年〕,芸術祭優秀賞〔昭和56年〕

経歴
大阪市役所港湾局に勤めるが、昭和27年退職して漫談の内海突破に入門。兄弟子で警察官出身の獅子てんやとコンビを組み、体の大きさのコントラストと動きの多い芸や「ピーヨコちゃん」のギャグで人気を集めた。またTBS「家族そろって歌合戦」の司会を務めるなど多方面で活躍した。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

新撰 芸能人物事典 明治~平成の解説

瀬戸 わんや
セト ワンヤ


職業
漫才師

本名
妹尾 重夫

グループ名
コンビ名=てんやわんや

生年月日
大正15年 3月10日

出生地
大阪府 大阪市南区

学歴
関西工〔昭和18年〕卒

経歴
大阪市役所港湾局に勤めるが、昭和27年退職して漫談の内海突破に入門。兄弟子で警察官出身の獅子てんやとコンビを組み、体の大きさのコントラストと動きの多い芸や「ピーヨコちゃん」のギャグで人気を集めた。またTBS「家族そろって歌合戦」の司会を務めるなど多方面で活躍したが、62年から糖尿病で療養していた。

受賞
日本放送作家協会大衆芸能賞〔昭和42年〕,芸術祭優秀賞〔昭和56年〕 NHK漫才コンクール優勝(第1回)〔昭和32年〕

没年月日
平成5年 2月10日 (1993年)

出典 日外アソシエーツ「新撰 芸能人物事典 明治~平成」(2010年刊)新撰 芸能人物事典 明治~平成について 情報

367日誕生日大事典の解説

瀬戸 わんや (せと わんや)

生年月日:1926年3月10日
昭和時代の漫才師
1993年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ラグビーワールドカップ2019日本大会

2019年9月20日から11月2日まで、日本で行われる15人制ラグビーの世界大会。ラグビーユニオンの国際統括団体であるワールドラグビー(World Rugby)が主催し、ナショナルチームの世界一を決定...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android