灑水・洒水・瀉水(読み)しゃすい

精選版 日本国語大辞典の解説

しゃ‐すい【灑水・洒水・瀉水】

〘名〙
① 水をそそぐこと。
② 仏語。清浄を念じ、香水(こうずい)を灑水器に入れて壇場にそそぐこと。また、その香水。
※釈氏往来(12C後)一二月日「器雖獲落。五瓶伝瀉水之流
※正法眼蔵(1231‐53)示庫院文「洒水して、行香(ぎゃうかう)し行火してのちに」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

犯人蔵匿罪

罰金以上の刑にあたる犯罪を犯した犯人または拘禁中に逃走した被拘禁者を蔵匿したり,隠避させる罪 (刑法 103) 。蔵匿とは,隠れる場所を提供することによって,隠避とは,逃走資金や変装用具などを提供する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android