灘尾 弘吉(読み)ナダオ ヒロキチ

20世紀日本人名事典の解説

灘尾 弘吉
ナダオ ヒロキチ

昭和期の政治家 元・衆院議長(自民党);元・文相;元・厚相。



生年
明治32(1899)年12月21日

没年
平成6(1994)年1月22日

出生地
広島県佐伯郡大柿町

学歴〔年〕
東京帝大法学部法律学科〔大正13年〕卒

主な受賞名〔年〕
勲一等旭日大綬章〔昭和45年〕,勲一等旭日桐花大綬章〔昭和57年〕

経歴
大正13年内務省に入り、大分県知事、内務次官などを歴任。昭和27年以来衆院議員に12選。31〜32年(石橋内閣・第1次岸内閣)、33年(第2次岸内閣)、38〜39年(第2・3次池田内閣)、42〜43年(第2次佐藤改造内閣)と4度文相を務め、31年に始まる勤務評定実施、33年の道徳時間特設などの重要文教政策を実施した。36〜37年には厚相(第2次池田改造内閣)。54〜55年衆院議長。58年引退。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

新訂 政治家人名事典 明治~昭和の解説

灘尾 弘吉
ナダオ ヒロキチ


肩書
元・衆院議長(自民党),元・文相,元・厚相

生年月日
明治32年12月21日

出生地
広島県佐伯郡大柿町

学歴
東京帝大法学部法律学科〔大正13年〕卒

経歴
大正13年内務省に入り、大分県知事、内務次官などを歴任。昭和27年以来衆院議員に12選。31〜32年(石橋内閣・第1次岸内閣)、33年(第2次岸内閣)、38〜39年(第2・3次池田内閣)、42〜43年(第2次佐藤改造内閣)と4度文相を務め、31年に始まる勤務評定実施、33年の道徳時間特設などの重要文教政策を実施した。36〜37年には厚相(第2次池田改造内閣)。54〜55年衆院議長。58年引退。

受賞
勲一等旭日大綬章〔昭和45年〕 勲一等旭日桐花大綬章〔昭和57年〕

没年月日
平成6年1月22日

出典 日外アソシエーツ「新訂 政治家人名事典 明治~昭和」(2003年刊)新訂 政治家人名事典 明治~昭和について 情報

367日誕生日大事典の解説

灘尾 弘吉 (なだお ひろきち)

生年月日:1899年12月21日
昭和時代の政治家;官僚。衆議院議員
1994年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

灘尾 弘吉の関連情報