コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

火の見やぐら

1件 の用語解説(火の見やぐらの意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

火の見やぐら

起源は、江戸時代初期の「明暦の大火」(1657年)にさかのぼるといわれ、明治以降に全国に広がった。火事の発生をいち早く把握し、半鐘をたたいて住民や近くの集落に知らせた。第2次大戦では多くの鉄製やぐらが金属資源として供出させられたが、1950~60年代に盛んに再建された。行政機関が建てたものは少なく、全国に何基あるのか、はっきりわかっていない。

(2013-04-04 朝日新聞 夕刊 1社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

火の見やぐらの関連キーワード定火消明暦の大火夏季河村瑞軒新吉原方角火消し明暦目黒行人坂の火事目黒行人坂の大火厭求

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

火の見やぐらの関連情報