コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

火の見やぐら

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

火の見やぐら

起源は、江戸時代初期の「明暦大火」(1657年)にさかのぼるといわれ、明治以降に全国に広がった。火事の発生をいち早く把握し、半鐘をたたいて住民や近くの集落に知らせた。第2次大戦では多くの鉄製やぐらが金属資源として供出させられたが、1950~60年代に盛んに再建された。行政機関が建てたものは少なく、全国に何基あるのか、はっきりわかっていない。

(2013-04-04 朝日新聞 夕刊 1社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

火の見やぐらの関連キーワード起源

今日のキーワード

地蔵盆

主に京都などで、8月23日・24日(古くは陰暦7月24日)に行われる行事。石地蔵にお飾りをしてまつり、さまざまの余興を行う。地蔵祭り。地蔵会(じぞうえ)。《季 秋》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

火の見やぐらの関連情報