コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

火ぶくれ病(シロクローバ)

1件 の用語解説(火ぶくれ病(シロクローバ)の意味・用語解説を検索)

飼料作物病害図鑑の解説

火ぶくれ病(シロクローバ)

葉に火ぶくれ状の膨らみを生じる糸状菌病。病斑は葉では直径2-5mmで、変色はしない。葉柄や茎に発生するとこぶ状になり、その部分でねじ曲がったようになる。激発すると、株全体の勢いが大きく衰える。シロクローバにのみ発生する。

出典|畜産草地研究所
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

火ぶくれ病(シロクローバ)の関連キーワード糸状菌裾膨ら赤かび病(ソルガム・スーダングラス)斑点病(オーチャードグラス)ひょう紋病(オーチャードグラス)ひょう紋病(チモシー)黒斑病(レッドトップ)褐点病(ローズグラス)すす葉枯病(ローズグラス)輪紋病(クリムソンクローバ)

今日のキーワード

ワールド・ベースボール・クラシック

メジャーリーグ機構、メジャーリーグ選手会が音頭をとってスタートした野球の世界一決定戦。2006年の第1回は16カ国が参加。4組に分かれて1次リーグを行い、各上位2カ国が米国に移って2リーグの2次予選、...

続きを読む

コトバンク for iPhone