コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

火山角レキ岩(火山角礫岩) かざんかくれきがん volcanic breccia

1件 の用語解説(火山角レキ岩(火山角礫岩)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

かざんかくれきがん【火山角レキ岩(火山角礫岩) volcanic breccia】

粗粒の火山岩の破片の間を,少量の細粒の火山岩片や火山灰が埋めている岩石をいう。火山砕屑岩のなかでは最も粗粒なもの。最近は直径64mm以上の火山岩塊が全体の2/3以上あるものとするフィッシャーR.V.Fisherの定義(1966)が使われ始めたが,従来は直径32mmを境界とするウェントワースC.K.WentworthとウィリアムズH.Williamsの定義(1932)が使われていた。火山角レキ岩のなかの火山岩塊は,噴火により新たに放出された赤熱のマグマの冷却したものでも,爆発により破壊され放出された既存の火山体の一部でもかまわない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

火山角レキ岩(火山角礫岩)の関連キーワード火山砂凝灰角礫岩噴煙火山性砂質岩破片火山物質シャード火山灰凝灰岩タフサイト