火山角レキ岩(火山角礫岩)(読み)かざんかくれきがん(英語表記)volcanic breccia

世界大百科事典 第2版の解説

かざんかくれきがん【火山角レキ岩(火山角礫岩) volcanic breccia】

粗粒火山岩破片の間を,少量の細粒の火山岩片や火山灰が埋めている岩石をいう。火山砕屑岩のなかでは最も粗粒なもの。最近は直径64mm以上の火山岩塊が全体の2/3以上あるものとするフィッシャーR.V.Fisherの定義(1966)が使われ始めたが,従来は直径32mmを境界とするウェントワースC.K.WentworthとウィリアムズH.Williamsの定義(1932)が使われていた。火山角レキ岩のなかの火山岩塊は,噴火により新たに放出された赤熱のマグマの冷却したものでも,爆発により破壊され放出された既存の火山体の一部でもかまわない。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

レベルE

冨樫義博による漫画作品。SFオカルト・ファンタジー。『週刊少年ジャンプ』にて1995年から1997年まで連載。ジャンプコミックス全3巻。2011年にはテレビアニメ化された。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android