コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

火皿貝・膝皿貝 ひざらがい

大辞林 第三版の解説

ひざらがい【火皿貝・膝皿貝】

多板綱に属する軟体動物の総称。日本にはケムシヒザラガイ・ババガセなど約百種が知られる。ジイガセ。コゴマリ。
ヒザラガイの一種。体は小判形で長さ約6センチメートル。背面には八枚の黒褐色の殻が並び、その周囲をとりまく肉の帯は白黒の横縞と多くの短い棘とげにおおわれる。地方により食用。潮間帯の岩礁上に普通に見られる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

火皿貝・膝皿貝の関連キーワードコゴマリ多板綱小判形黒褐色

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android