コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

火鑽り臼・火鑚り臼 ひきりうす

大辞林 第三版の解説

ひきりうす【火鑽り臼・火鑚り臼】

火をおこす道具の一。火鑽り杵ぎねを垂直に立て、これを急速度で回転させ、摩擦熱で発火させる。弥生時代のものが登呂とろ遺跡から出土。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

火鑽り臼・火鑚り臼の関連キーワード火鑽り杵弥生時代摩擦熱

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android