コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

灯台草科・燈台草科 とうだいぐさか

大辞林 第三版の解説

とうだいぐさか【灯台草科・燈台草科】

双子葉植物離弁科類の一科。主に熱帯に産し、世界に約300属8000種がある。木本または草本で、切ると白汁を出すものが多い。花は単生で、花弁はしばしば退化し、果実は蒴果さくか。有毒植物が多い。トウダイグサ・ニシキソウ・ポインセチア・トウゴマ・アブラギリ・キャッサバなど。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

灯台草科・燈台草科の関連キーワード有毒植物木本草本

今日のキーワード

天地無用

運送する荷物などに表示する語で、破損の恐れがあるため上と下を逆にしてはいけない、の意。[補説]文化庁が発表した平成25年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「上下を逆にしてはいけない」で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android