コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

灯台記念日と灯火監視協力者

1件 の用語解説(灯台記念日と灯火監視協力者の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

灯台記念日と灯火監視協力者

1868(明治元)年11月1日に神奈川県横須賀市の観音埼で日本初の洋式灯台が着工されたことを記念し、1949(昭和24)年に定められた。各地の灯台が無料公開される。51年に始まった灯火監視協力者制度は、灯台の近くの住民や企業、漁協などに海上保安庁が委嘱している。県内の灯台147基のうち、機器で故障などを判断するのは約2割程度。残りは肉眼で確かめている。

(2008-11-01 朝日新聞 朝刊 鹿児島全県 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

灯台記念日と灯火監視協力者の関連キーワード神奈川県赤星直忠富樫常治萩原行篤福井直吉宮崎嘉重村田良策山宮藤吉山本与七

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone