コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

灯台記念日と灯火監視協力者

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

灯台記念日と灯火監視協力者

1868(明治元)年11月1日に神奈川県横須賀市の観音埼で日本初の洋式灯台が着工されたことを記念し、1949(昭和24)年に定められた。各地の灯台が無料公開される。51年に始まった灯火監視協力者制度は、灯台の近くの住民や企業、漁協などに海上保安庁が委嘱している。県内の灯台147基のうち、機器で故障などを判断するのは約2割程度。残りは肉眼で確かめている。

(2008-11-01 朝日新聞 朝刊 鹿児島全県 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

灯台記念日と灯火監視協力者の関連キーワード戊辰戦争早竹虎吉(初代)明治東京(都)ブートレロフガントレットクローデル児玉幸助ジェニングニコライ(2世)

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android