コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

灯籠鬢・燈篭鬢 とうろうびん

大辞林 第三版の解説

とうろうびん【灯籠鬢・燈篭鬢】

江戸時代の女の髪形の一。両鬢にクジラの骨で作った鬢差しを入れ、毛筋が透けて見えるようにしたもの。明和・安永(1764~1781)頃、主に遊里で流行。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

灯籠鬢・燈篭鬢の関連キーワード江戸時代クジラ髪形両鬢明和遊里安永毛筋

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android