コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

灼か あらたか

大辞林 第三版の解説

あらたか【灼か】

( 形動 ) [文] ナリ 
神仏の霊験や薬効が著しいさま。いやちこ。あらた。 「霊験-な神」 「尤も-な観音様だと聞いてをりますから/真景累ヶ淵 円朝」 〔「灼か」とも書く〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

灼かの関連キーワード劃・各・喀・嚇・客・廓・拡・擴・攪・攫・核・格・殻・殼・獲・画・確・穫・覚・覺・角・赫・較・郭・閣・隔・革・鶴ミハルコフ・コンチャロフスキーEXILEMAKIDAIニキータ ミハルコフオレグ メンシコフEXILEÜSA中本 たか子真景累ヶ淵AKIRA井上賢嗣小林直己大鷹明良平沼紀久久保田創霊験

今日のキーワード

スカジャン

神奈川県横須賀市発祥のジャンパー。おもに化繊の生地の、スタジアムジャンパー風のデザインのジャンパーの背中に、虎や龍、富士山など和風のモチーフの刺繍を施したもの。第2次世界大戦後、横須賀基地に駐留したア...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

灼かの関連情報