コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

災害コスト さいがいコストaccident cost

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

災害コスト
さいがいコスト
accident cost

災害によって生じた損害を経済的に評価した金額。災害による損害には,負傷のための医療費,補償費,製品,材料,機械,設備などに生じた損害などの直接費と,生産の減少,仕上がりの遅延,作業計画の変更,災害調査,災害対策などによる間接費とがある。アメリカの調査結果によれば,直接費と間接費の比率は1対4であるという。現在災害コストとして算出されているもののなかには,災害による志気能率,精度の低下のように,推計の困難なものは含まれていない。災害コストを正しく算出することは,経営上の参考となり,経営者および従業員の安全への関心を深めるのに有用である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android