コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

災害取材での事故

1件 の用語解説(災害取材での事故の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

災害取材での事故

新聞労連などによると、最近では2006年9月の台風取材で中国新聞記者が行方不明に。東日本大震災でも新聞社「福島民友」の記者が取材中に死亡した。普賢岳取材で朝日新聞は大火砕流発生前の1991年5月に写真記者2人が独自にハザードマップを作り、犠牲者が出た取材地点から撤収。95年の阪神大震災などを経て、社として災害取材マニュアル作りを進めた。

(2011-06-02 朝日新聞 朝刊 2社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

災害取材での事故の関連キーワード全労連中立労連ETUC国際労連労連事に依ると世界労連に因ると竹中英太郎中村卓彦

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone