災害取材での事故

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

災害取材での事故

新聞労連などによると、最近では2006年9月の台風取材で中国新聞記者が行方不明に。東日本大震災でも新聞社「福島民友」の記者が取材中に死亡した。普賢岳取材で朝日新聞は大火砕流発生前の1991年5月に写真記者2人が独自にハザードマップを作り、犠牲者が出た取材地点から撤収。95年の阪神大震災などを経て、社として災害取材マニュアル作りを進めた。

(2011-06-02 朝日新聞 朝刊 2社会)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android