コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

災害時の医療

1件 の用語解説(災害時の医療の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

災害時の医療

地震や大事故の際、緊急度や重症度によって優先順位をつけ、治療や広域搬送をする。中心となる災害拠点病院は全国に約600カ所。被災した都道府県が厚労省に要請して派遣されるのがDMAT(災害派遣医療チーム)。医師や看護師らが48時間程度、救命をする。東日本大震災では12日間で約340チームが岩手、宮城、福島、茨城4県で活動した。厚労省は7月、チームを効率良く運用するため、宮城県が配置済みの「災害医療コーディネーター」の制度を全国に広げ、約500人とする方針を決めた。

(2011-09-21 朝日新聞 朝刊 オピニオン1)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

災害時の医療の関連キーワード地震波崖崩れ構造地震地震動過失割合交通事故証明書災民地震湖消費者事故緊急食糧援助

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

災害時の医療の関連情報