コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

災害時の情報伝達

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

災害時の情報伝達

防災行政無線は、災害の時は避難勧告や避難先への誘導に使われる。普段は市町村のお知らせを流すこともできる。デジタル方式にすると、音声だけでなく、ファクスなどの文字情報、携帯電話への情報送信などを一斉にでき、双方向でやり取りできる利点がある。尾鷲市では、無線LANを使って地域内を結び、情報をやり取りするシステムを導入している。

(2011-12-18 朝日新聞 朝刊 三重全県 1地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

災害時の情報伝達の関連キーワードコミュニティーFM放送局防災行政無線

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

災害時の情報伝達の関連情報