災害時の水深30センチ

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

災害時の水深30センチ

徒歩での避難が難しくなり、流れが速いと大人でも流されることがある。国の想定では死者が出始める。千葉県では水深に応じた危険性を示し、30~80センチで「流速が速い場合や、路面に障害物がある場合には人的被害が発生する可能性が高い」とする。車での避難の際は、30~50センチになると「エンジンが停止し、車から出ないといけない」としている。

(2014-05-31 朝日新聞 朝刊 1総合)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

今日のキーワード

ワンオペ育児

配偶者の単身赴任など、何らかの理由で1人で仕事、家事、育児の全てをこなさなければならない状態を指す言葉である。母親1人を指す場合がほとんどで、「ワンオペ育児ママ」という派生語もある。「ワンオペ」とは「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android