災害時相互応援協定

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

災害時相互応援協定

地震や水害など大規模災害に遭った場合、被災地側の自治体要請に応じて支え合う制度食糧飲料水生活必需品を提供するほか救出活動する消防隊員や医療チーム、行政窓口の担当者らを派遣する。県と県内全市町村は2007年5月、相互応援基本協定を結んだ。

(2011-06-14 朝日新聞 朝刊 埼玉全県 2地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

今日のキーワード

政党要件

公職選挙法などが規定する、政治団体が政党と認められるための条件。国会議員が5人以上所属するか、直近の総選挙、直近とその前の参院選挙のいずれかにおいて、全国で2パーセント以上の得票(選挙区か比例代表かい...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

災害時相互応援協定の関連情報