コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

災害派遣医療チーム(DMAT)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

災害派遣医療チーム(DMAT)

「DisasterMedicalAssistanceTeam」の略。普段は各地の災害拠点病院に勤め、大災害が起きると被災地に向かう。1995年の阪神大震災で救急医療態勢が機能せず、医師らの手がまわらずに死亡する「防ぎ得た死者」が約500人に上ったことを教訓に、2005年に厚生労働省が発足させた。これまでに、05年4月のJR宝塚線脱線事故、07年7月の新潟県中越沖地震などで活動している。

(2011-05-26 朝日新聞 朝刊 滋賀全県 1地方)

災害派遣医療チーム(DMAT)

大規模災害や多数の傷病者の発生が見込まれる事故・自然災害の現場で、発生後すぐに活動できる機動性を持ち、専門的な訓練を受けた医療チーム。医師と看護師業務調整員の計4~5人で1チームをつくる。都道府県境を越えて活動する日本DMATは全国で計1247チーム(昨年10月)ある。都道府県主催の地域DMAT研修(1.5日)と広域搬送研修(2.5日)を修了すれば、厚生労働省の日本DMAT隊員養成研修(4日間)を修了したとみなされる。

(2014-08-31 朝日新聞 朝刊 京都市内 1地方)

災害派遣医療チーム(DMAT)

専門的な訓練を受けた医師、看護師、業務調整員の4~5人で一つのチームを構成。大規模な災害、飛行機鉄道の事故などの発生現場に都道府県を越えて駆けつけ、医療支援にあたる。東日本大震災や2014年の広島土砂災害などでも活動した。

(2016-10-30 朝日新聞 朝刊 鹿児島全県・1地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

災害派遣医療チーム(DMAT)の関連キーワード広域災害救急医療情報システム県内から出動した医療スタッフ広域搬送拠点臨時医療施設DMATとDPAT災害派遣医療チームDr. DMAT災害時の医療大規模災害DHEATトリアージ災害派遣IMATJマットDPATDCAT

今日のキーワード

ラニーニャ現象

《La Niña events》赤道付近のペルー沖から中部太平洋にかけて、数年に1度、海水温が平年より低くなる現象。低下する温度差はエルニーニョ現象での上昇温度差より一般的に小さい。→ダイポールモード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

災害派遣医療チーム(DMAT)の関連情報