コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

炭化ケイ素(炭化珪素) たんかけいそsilicon carbide

翻訳|silicon carbide

1件 の用語解説(炭化ケイ素(炭化珪素)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

たんかけいそ【炭化ケイ素(炭化珪素) silicon carbide】

化学式SiC。純粋なものは無色透明の六角板状結晶であるが,ふつうは緑色ないし黒紫色を呈する。比重3.21。硬度が高く(ヌープ硬さは約2500),研磨材に使われる。1891年に初めて出現した人造研磨材で,アメリカのE.G.アチソンが発明し,アメリカのカーボランダム社で商品化されたものである。同社の商品名をカーボランダムCarborundumという。ケイ砂SiO2コークスCとの混合物を電気抵抗炉で加熱し,高温(2000℃)で反応させて製造する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の炭化ケイ素(炭化珪素)の言及

【アチソン】より

…アメリカの化学技術者,企業家で,炭化ケイ素(カーボランダム),人造黒鉛(人造グラファイト)の製法発明者。ワシントン生れ。…

※「炭化ケイ素(炭化珪素)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

炭化ケイ素(炭化珪素)の関連キーワードIFRS国際財務報告基準shoes in closetカーボランダム同形新和工業硬質材料バリスターポリタイプカーボランダム

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone