コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

炭化ケイ素(炭化珪素) たんかけいそ silicon carbide

翻訳|silicon carbide

1件 の用語解説(炭化ケイ素(炭化珪素)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

たんかけいそ【炭化ケイ素(炭化珪素) silicon carbide】

化学式SiC。純粋なものは無色透明の六角板状結晶であるが,ふつうは緑色ないし黒紫色を呈する。比重3.21。硬度が高く(ヌープ硬さは約2500),研磨材に使われる。1891年に初めて出現した人造研磨材で,アメリカのE.G.アチソンが発明し,アメリカのカーボランダム社で商品化されたものである。同社の商品名をカーボランダムCarborundumという。ケイ砂SiO2コークスCとの混合物を電気抵抗炉で加熱し,高温(2000℃)で反応させて製造する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内の炭化ケイ素(炭化珪素)の言及

【アチソン】より

…アメリカの化学技術者,企業家で,炭化ケイ素(カーボランダム),人造黒鉛(人造グラファイト)の製法発明者。ワシントン生れ。…

※「炭化ケイ素(炭化珪素)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

炭化ケイ素(炭化珪素)の関連キーワードカーボランダムシリカ水晶セルロイドダイヤモンド緑柱石黄燐炭化珪素二酸化珪素ヘキサン

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone