コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

炭化ホウ素(炭化硼素) たんかほうそ

世界大百科事典 第2版の解説

たんかほうそ【炭化ホウ素(炭化硼素)】

ホウ素の炭化物には,BCからB6Cまでの組成のものが存在するとされているが,最も確実なものはB4Cで,ふつうこれを炭化ホウ素と呼んでいる。比重は2.51,融点2450℃,ヌープ硬さは約2800。工業的には酸化ホウ素B2O3と炭素とを2500~2600℃に熱してつくる。硬度が高いため,粉体は高硬度セラミックスのラッピングや超音波加工の砥粒に用いる。耐酸化性に乏しいため,研削といし(砥石)の形にして使うことはほとんどない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

炭化ホウ素(炭化硼素)の関連キーワードヌープ硬さ炭化ホウ素

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android