コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

炭疽病(サブタレニアンクローバ)

飼料作物病害図鑑の解説

炭疽病(サブタレニアンクローバ)

夏から秋に発生する、暖地で被害の大きい糸状菌病。葉、葉柄、茎に発生し、黄褐色紡錘形、少しくぼみ、中央部に黒いかび(剛毛)を生じた病斑となる。病斑部から上は萎れてしまうことが多く、激発時には株枯となる。病原菌はアルファルファにも寄生する。

出典 畜産草地研究所飼料作物病害図鑑について 情報

炭疽病(サブタレニアンクローバ)の関連キーワード炭疽病(ソルガム・スーダングラス)コッホ(Robert Koch)炭疽病(センチピードグラス)炭疽病(レッドトップ)エミリー ルー科学者の道ファイゴンカキ(柿)セレサン遅腐れ病貯蔵病害ブドウ晩腐病ジネブ炭疽病脾脱疽炭疽菌炭疽

今日のキーワード

チームパシュート

スピードスケートや自転車競技の一。複数人でチームを組み、隊列を組んで一定の距離を走り、速さを競うもの。団体追い抜き競技。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android