コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

炭疽病(レッドトップ)

飼料作物病害図鑑の解説

炭疽病(レッドトップ)

暖地での夏枯の原因となる斑点性の糸状菌病。初め水浸状の小斑点が現れ、これが広がって淡赤褐色〜橙色、楕円形〜紡錘形、長さ5-10mm、幅2ー4mm 程度の病斑になる。病斑が古くなると中央部に剛毛という菌組織を形成し、黒くかびたように見える。多湿条件下ではオレンジ色の胞子粘塊を形成し、これが風 雨で飛散してまん延する。梅雨明けから夏の終わりにかけて発生する。病原菌はソルガム、ライグラス、バヒアグラスなどの炭疽病菌と同種であるが、それぞれ 寄生性が分化しているとされる。

出典|畜産草地研究所飼料作物病害図鑑について | 情報

炭疽病(レッドトップ)の関連キーワード炭疽病(ソルガム・スーダングラス)コッホ(Robert Koch)炭疽病(センチピードグラス)エミリー ルー科学者の道ファイゴンカキ(柿)貯蔵病害遅腐れ病セレサンブドウ晩腐病ジネブ脾脱疽炭疽菌炭疽

今日のキーワード

間が持てない

1 時間をもてあましてどうしたらよいかわからない。「待ち時間が長すぎて―◦ない」2 途切れがちの会話などを、うまくつなぐことができない。「無口な相手で―◦ない」[補説]文化庁が発表した平成22年度「国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android