炭腐病(トウモロコシ)

飼料作物病害図鑑の解説

炭腐病(トウモロコシ)

幼苗または黄熟期に近い植物で発生する。初め根に黒褐色病斑を形成し、植物体が成熟するにつれ、地際部の稈内に広がり、倒伏を引き起こす。稈内部には黒色の微少菌核が形成され、黒くすすけたように見える。子実にも発生することがある。マメ類など他の作物の炭腐病菌はトウモロコシには病原性を示さないとされる。

出典 畜産草地研究所飼料作物病害図鑑について 情報

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android