為替のマリー(読み)かわせのマリー(英語表記)exchange marry

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

為替のマリー
かわせのマリー
exchange marry

外国為替の売りと買いを結びつけることによって,為替持高を相殺すること。為替操作の一種であるが,本来的には為替売買益 (マリー益) の取得を目的とする。ただし為替相場の変動リスクを回避するためには,マリーでは不十分であり,カバーが必要である。 (→為替のカバー )

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の為替のマリーの言及

【外国為替】より

… マリーmarry銀行や企業が自社のなかで生じる買為替と売為替を見合わせ,為替持高の極小化を図ることをいう。〈為替のマリー〉ともいう。マリーできない持高については,そのカバー(出合い)を外部に求めて為替相場変動のリスクを回避する。…

※「為替のマリー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android