コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

為替心理説(Psychological Theory of Exchange)

外国為替用語集の解説

為替心理説(Psychological Theory of Exchange)

為替相場は、思惑・信頼感・人気・登記予測などといった心理的要素によって変動すると考える理論フランスの経済学者、A・アフタリオン(1874-1956)が1927年に唱えた。政治情勢や軍事情勢などのニュースが流れると相場が大きく変動する現象を説明する学説

出典|(株)マネーパートナーズ外国為替用語集について | 情報

為替心理説(Psychological Theory of Exchange)の関連キーワードアルバート アフタリオンアフタリヨン国際貸借説国際収支説為替相場為替学説

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android