コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

為替操作国認定

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

為替操作国認定

米財務省は米議会に対して半年に1度、外国為替相場についての状況を説明する報告書提出。その中で、意図的に為替相場を操作していると判断した国を「為替操作国」に認定する。認定は一方的なものだが、被認定国は米国のみならず各国から通貨切り上げを政治的に強く求められることになる。米中摩擦が拡大するなか、中国を1994年以来16年ぶりに認定するかどうかが焦点になっている。

(2010-04-03 朝日新聞 朝刊 1経済)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

為替操作国認定の関連キーワード人民元切り上げ

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

為替操作国認定の関連情報