コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

烏亭焉馬(初代) うてい えんば

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

烏亭焉馬(初代) うてい-えんば

1743-1822 江戸時代中期-後期の戯作(げさく)者。
寛保(かんぽう)3年生まれ。江戸本所の大工棟梁。狂歌,浄瑠璃(じょうるり),滑稽(こっけい)本,洒落(しゃれ)本,落語など多方面で活躍。門人式亭三馬,柳亭種彦(初代)ら。市川団十郎家を後援し,「花江都(はなのえど)歌舞妓年代記」を刊行。「咄(はなし)の会」を主催し,落語中興の祖とされた。文政5年6月2日死去。80歳。姓は中村。名は英祝。通称は和泉屋和助。別号に立川焉馬,談洲楼など。浄瑠璃に「碁太平記白石噺(ばなし)」(合作)など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

烏亭焉馬(初代)の関連キーワード朝寝坊夢羅久(初代)蓬莱山人帰橋(2代)三遊亭円生(1世)三遊亭円生(初代)市川団十郎(5代)烏亭焉馬(2世)仲祇徳(2代)伊達競阿国戯場鹿野武左衛門朝寝坊夢羅久歌舞伎年代記三遊亭円生陽春亭慶賀三笑亭夢楽桜川慈悲成客者評判記大黒屋庄六市川團十郎玉虹楼一泉大田南畝

今日のキーワード

だまされたふり作戦

「振り込め詐欺」に代表される特殊詐欺事件の警察による捜査手法の一つで、振り込め詐欺と思われる不審な電話があった時、被害者が協力してだまされたふりをし、容疑者の電話番号、振込先、訪問時間などを聞き出し、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android