コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

烏古・敵烈 うこ・てきれつWu-gu Di-lie; Wu-ku Ti-lieh

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

烏古・敵烈
うこ・てきれつ
Wu-gu Di-lie; Wu-ku Ti-lieh

中国,時代に興安嶺の西にいた遊牧部族。『遼史』では烏古敵烈部として出てくるが,烏古と敵烈の両者は住地が接し,常に行動をともにしたからであろう。しばしば反乱を起したため,遼はその統治に苦しみ,寿昌2 (1096) 年東方の烏納水流域にこれを移した。故地に残った部族のうち金末になって烏古部はオンギラット部,敵烈部はタタール部として史上に現れてくる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android