コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

烏古・敵烈 うこ・てきれつ Wu-gu Di-lie; Wu-ku Ti-lieh

1件 の用語解説(烏古・敵烈の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

烏古・敵烈
うこ・てきれつ
Wu-gu Di-lie; Wu-ku Ti-lieh

中国,時代に興安嶺の西にいた遊牧部族。『遼史』では烏古敵烈部として出てくるが,烏古と敵烈の両者は住地が接し,常に行動をともにしたからであろう。しばしば反乱を起したため,遼はその統治に苦しみ,寿昌2 (1096) 年東方の烏納水流域にこれを移した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

烏古・敵烈の関連キーワード興安嶺小興安嶺山脈満州兀良哈小興安嶺大興安嶺白塔子アルグン[川]開魯平頂山(興安嶺)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone