コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

無剰余

事業再生用語集の解説

無剰余

不動産の時価以上に抵当権が設定され、担保価値がない状態。無剰余の場合、抵当権者以外が不動産を差し押さえようとしても、裁判所に認めてもらえない。逆に、債務者がある資産を守りたい時には、なんらかの形で無剰余状態を作る戦略なども考えられる。

出典 (株)セントラル総合研究所事業再生用語集について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android