コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

無投票選挙区

1件 の用語解説(無投票選挙区の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

無投票選挙区

県議選(定数58)の立候補予定者は今のところ約90人。16日現在の朝日新聞調べでは、定数を超えない選挙区は26のうち9ある。上田市・小県郡(4)、伊那市(2)、飯山市・下水内郡(1)、東御市(1)、南佐久郡(1)、木曽郡(1)、東筑摩郡(1)、北安曇郡(1)、上水内郡(1)の計13議席が、現状のままなら無投票で決まる。田中県政下で行われた03年の前回は、30選挙区(58)に116人が立つ盛況ぶりで、無投票当選者は佐久市区の2人だけ。田中県政以前の99年の前々回は30選挙区(62)に94人が立候補し、10選挙区が無投票になった。

(2007-03-17 朝日新聞 朝刊 長野東北信 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

無投票選挙区の関連キーワードコスタリカ方式立候補県議選党員集会県議選をめぐる公職選挙法違反事件鹿児島県議選をめぐる公選法違反事件鹿児島県議選公選法違反事件公職選挙法とポスター日本弁護士連合会の会長選選挙区支部

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

無投票選挙区の関連情報