無水コハク酸(無水琥珀酸)(読み)むすいこはくさん(英語表記)succinic anhydride

世界大百科事典 第2版の解説

むすいこはくさん【無水コハク酸(無水琥珀酸) succinic anhydride】

コハク酸の2個のカルボキシル基から1分子の水がとれた構造をもつ環式酸無水物。融点120℃,沸点261℃の無色の結晶。減圧下100℃付近で昇華する。クロロホルム,四塩化炭素,エチルアルコールに可溶,水,エーテルに難溶。水と加熱するとコハク酸になり,アンモニアと加熱するとコハク酸イミドを生じる。ふつうコハク酸を無水酢酸,塩化アセチル,オキシ塩化リンなどと加熱すると得られるが,工業的には無水マレイン酸の接触水素化によって製造される。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android