コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

無水コハク酸(無水琥珀酸)(読み)むすいこはくさん(英語表記)succinic anhydride

世界大百科事典 第2版の解説

むすいこはくさん【無水コハク酸(無水琥珀酸) succinic anhydride】

コハク酸の2個のカルボキシル基から1分子の水がとれた構造をもつ環式酸無水物。融点120℃,沸点261℃の無色の結晶。減圧下100℃付近で昇華する。クロロホルム,四塩化炭素,エチルアルコールに可溶,水,エーテルに難溶。水と加熱するとコハク酸になり,アンモニアと加熱するとコハク酸イミドを生じる。ふつうコハク酸を無水酢酸,塩化アセチル,オキシ塩化リンなどと加熱すると得られるが,工業的には無水マレイン酸の接触水素化によって製造される。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android