コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

無水コハク酸(無水琥珀酸) むすいこはくさん succinic anhydride

1件 の用語解説(無水コハク酸(無水琥珀酸)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

むすいこはくさん【無水コハク酸(無水琥珀酸) succinic anhydride】

コハク酸の2個のカルボキシル基から1分子の水がとれた構造をもつ環式酸無水物。融点120℃,沸点261℃の無色の結晶。減圧下100℃付近で昇華する。クロロホルム四塩化炭素エチルアルコールに可溶,水,エーテルに難溶。水と加熱するとコハク酸になり,アンモニアと加熱するとコハク酸イミドを生じる。ふつうコハク酸を無水酢酸塩化アセチル,オキシ塩化リンなどと加熱すると得られるが,工業的には無水マレイン酸接触水素化によって製造される。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

無水コハク酸(無水琥珀酸)の関連キーワードカルボキシル基カルボン酸酸無水物ジカルボン酸オキシカルボン酸カルボキシルアミノ酸デカルボキシラーゼω酸化カルボキシル化ビタミンK依存カルボキシラーゼ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone