コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

無沙汰・不沙汰 ぶさた

大辞林 第三版の解説

ぶさた【無沙汰・不沙汰】

( 名 ・形動 ) スル [文] ナリ 
久しくたよりや訪問をしないこと。無音。 「 -をわびる」 「御-しました」
しかるべき挨拶あいさつのないこと。ことわりなしに物事を行うこと。 「自己に-で価を付けた/怪談牡丹灯籠 円朝
しかるべき処置をしないこと。 「是を-にて閣さしおかば/太平記 33
注意を怠ること。油断すること。 「あら-の宮守どもや/謡曲・蟻通」
おろそかにすること。粗略に扱うこと。 「母を-に扱ひ申さん事もや候はんと思ひ/御伽草子・蛤」
関心を払わないこと。事情にうといこと。 「世間の事は無下に-なり/沙石 5

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android