無沙汰・不沙汰(読み)ぶさた

大辞林 第三版の解説

ぶさた【無沙汰・不沙汰】

( 名 ・形動 ) スル [文] ナリ 
久しくたよりや訪問をしないこと。無音。 「 -をわびる」 「御-しました」
しかるべき挨拶あいさつのないこと。ことわりなしに物事を行うこと。 「自己に-で価を付けた/怪談牡丹灯籠 円朝
しかるべき処置をしないこと。 「是を-にて閣さしおかば/太平記 33
注意を怠ること。油断すること。 「あら-の宮守どもや/謡曲・蟻通」
おろそかにすること。粗略に扱うこと。 「母を-に扱ひ申さん事もや候はんと思ひ/御伽草子・蛤」
関心を払わないこと。事情にうといこと。 「世間の事は無下に-なり/沙石 5

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ぶ‐さた【無沙汰・不沙汰】

〘名〙 (形動)
① 処置や指図などをしないでおくこと。そのままにほうっておくこと。また、そのさま。
※殿暦‐康和五年(1103)正月一六日「他公卿等皆悉遅参、世間事近来如此、極不便歟、是依無沙汰也」
② 事情にうといこと。注意をはらわないこと。また、そのさま。無関心。迂闊(うかつ)
※米沢本沙石集(1283)五本「世間の事は、無下(むげに)無沙汰(ブサタ)也」
③ すべきことを十分にしないこと。おろそかにすること。なまけること。また、そのさま。いいかげん。粗略。怠慢。
※古今著聞集(1254)一六「近比、無沙汰の智了房といふものありけり。能書にてなむ侍ける」
④ 訪問や音信などをしないでいること。長い間挨拶や便りを怠って礼儀に反すること。また、そのさま。不義理。
※平治(1220頃か)下「公私の忩劇に思ひわすれ、今も無沙汰なり」
⑤ ことわりなしに物事をすること。勝手に行なうこと。また、そのさま。無断。
※歌舞伎・綴合於伝仮名書(高橋お伝)(1879)序幕「道ならぬとは知りながら、無沙汰(ブサタ)に家を出ましたわいなあ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ラグビーワールドカップ2019日本大会

2019年9月20日から11月2日まで、日本で行われる15人制ラグビーの世界大会。ラグビーユニオンの国際統括団体であるワールドラグビー(World Rugby)が主催し、ナショナルチームの世界一を決定...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android