無線友禅(読み)むせんゆうぜん

大辞林 第三版の解説

むせんゆうぜん【無線友禅】

糸目のない友禅。地染めをした上に筆や刷毛で文様を描く。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる