焦・燋(読み)こがれる

精選版 日本国語大辞典の解説

こが・れる【焦・燋】

〘自ラ下一〙 こが・る 〘自ラ下二〙
① 焼けて焦げる。
※大智度論平安初期点(850頃か)一六「熱鉄の丸を呑むとき、口に入れば、口焦(コカル)
② 日に照りつけられて変色する。また、紅葉したり、幾度も染色したりして、火で焦げたような色になる。
※曾丹集(11C初か)「下紅葉秋も来なくに色づくは照る夏の日にこがれたるかも」
③ 香を焦げるほどたきしめる。
※太平記(14C後)二一「紅葉重の薄様の取手もくゆる計りにこがれたるに」
④ 恋人、肉親、友人などを恋い慕う思いで胸が熱くなり、焦げるばかりになる。「漕がれる」にかけていうこともある。
※謡曲・玉葛(1470頃)「舟人も、たれを恋ふとか大島の、うら悲しげに声立てて焦がれ来にける」
※日葡辞書(1603‐04)「ヲモイニ cogaruru(コガルル)
⑤ 自分の望んでいる状態になってみたいと強く思う。切望する。あこがれる。「流行歌手にこがれる」
※抒情小曲集(1918)〈室生犀星〉小景異情「なににこがれて書くうたぞ」
⑥ (接尾語的に用いて) 自分の望むことがなかなか実現せず、じっとしていられない気持である。「恋いこがれる」「待ちこがれる」
[語誌](1)「古今六帖‐一」の「火」の項に「たく」「もゆ」「やく」などを詠みこんだ和歌と並んで「こがる」の表現も収められている。
(2)早く「万葉‐二六四九」に「下粉枯(したこがれ)」と恋に身を焦す比喩が見え、「後撰和歌集」以下、「思ひ」の「火」や「煙」などの縁語として使われる点は、類似の表現である「たく」「もゆ」「やく」と共通する。
(3)舟路によって都を離れる知人との別離を惜しむ心情を、舟と関係の深い「漕がる」と掛詞にした例も多く、「焦がれ舟」という語も生じた。→こがれしたこがれ

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる