焦螟・蟭螟(読み)しょうめい

大辞林 第三版の解説

しょうめい【焦螟・蟭螟】

蚊のまつげに巣くうという想像上の小虫。微小なもののたとえ。 「おめへ方に兎の毛どころか-の産毛ほどもこみやられてなるものか/西洋道中膝栗毛 魯文

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

しょう‐めい セウ‥【焦螟・蟭螟】

〘名〙 (「列子‐湯問」の「江浦之間生麽虫、其名曰焦螟、群飛而集於蚊睫、弗相触也、栖宿去来、蚊弗覚也」による語) 蚊のまつげに巣をつくるという想像上の小虫。転じて、微小なもののたとえ。焦螟虫。《季・夏》 〔三教指帰(797頃)〕
太平記(14C後)一二「げにも此の鳥蚊の睫に巣くうなる蟭螟(セウメイ)の如く少(ちい)さくて」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

正義マン

倫理上問題がある行為などに対して過剰に反応し、正義感を振りかざして騒ぐ人を指すインターネットスラング。2019年10月の消費税増税と軽減税率制度の実施に伴って「イートイン脱税」が発生した際、これを店員...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android