コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

然法親王

美術人名辞典の解説

然法親王

江戸前期の妙法院門跡。後陽成天皇の第六皇子。名は常嘉。三度天台座主を務める。書を能くし、絵は狩野風の山水画を、また立花・香道も好み、茶道は片桐石州に石州流の奥義を授けられた。寛文1年(1661)寂、59才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

今日のキーワード

号泣

[名](スル)大声をあげて泣くこと。泣き叫ぶこと。「遺体にとりすがって号泣する」[補説]文化庁が発表した平成22年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「大声をあげて泣く」で使う人が34....

続きを読む

コトバンク for iPhone