コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

焼き刺し・焼刺し やきざし

大辞林 第三版の解説

やきざし【焼き刺し・焼刺し】

厄除けのために鰯いわしの頭を柊ひいらぎの小枝などで刺したもの。大晦日、正月、節分、月々の節の変わり目などに戸口や厠かわやに挟む。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

焼き刺し・焼刺しの関連キーワード大晦日厄除け戸口小枝

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android