コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

焼き玉機関・焼玉機関 やきだまきかん

大辞林 第三版の解説

やきだまきかん【焼き玉機関・焼玉機関】

シリンダー-ヘッドの一部を赤熱し、これに軽油を噴射して爆発させてピストンを動かす内燃機関。構造が簡単で燃料費が安いので漁船に多く用いられた。焼き玉エンジン。セミ-ディーゼル機関。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

焼き玉機関・焼玉機関の関連キーワードディーゼル機関シリンダー内燃機関ピストンヘッド漁船軽油

今日のキーワード

日馬富士 公平

大相撲力士。身長186センチ、体重137キロ。1984年4月14日生まれ、モンゴル・ゴビアルタイ出身。伊勢ヶ濱部屋に所属。本名はダワニャム・ビャンバドルジ。2001年1月の初場所で初土俵、2012年1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android