コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

焼き金・焼金 やきがね

大辞林 第三版の解説

やきがね【焼き金・焼金】

火で赤く熱した金属。また、それを牛馬の尻や罪人の額などに押しあてて付けたしるし。
外科手術で、傷口の中に入れて腐肉を焼き取るのに用いる鋼鉄製の鍼はり
やききん(焼金)」に同じ。 「 -の色ににほへる山ぶきは/夫木 6

やききん【焼き金・焼金】

吹き分けて混ざり物を除き去った純粋の黄金。やきがね。純金。〔ヘボン 三版

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

焼き金・焼金の関連キーワード混ざり物ヘボン焼金

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android