コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

焼く・妬く やく

1件 の用語解説(焼く・妬くの意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

やく【焼く・妬く】

( 動五[四] )
燃やして灰にする。 「蔵書を戦災で-・いた」 「春野-・く野火と見るまで燃ゆる火を/万葉集 230
火にあぶって熱をとおし、食べられるようにする。 「餅もちを-・く」 「魚を-・く」
熱を加えて製品をつくる。 「窯かまで茶碗を-・く」 「炭を-・く」 「パンを-・く」
日光に当てて変色させる。特に肌を黒くする。 「ハワイで-・く」
熱・化学物質・放射線などによって皮膚を損傷させる。 「硫酸で-・く」
写真で、フィルムをもとに印画紙に画像を作り上げる。焼きつける。 「写真を手札型で-・く」
心を悩ませる。特に、恋に胸を焦がす。 「我が心-・くも我なり/万葉集 3271
(「妬く」とも書く)嫉妬しつとする。悋気りんきする。 「うわさ話を真に受けて-・く」 「焼き餅を-・いている」
うれしがらせを言う。おだてる。 「人をよく-・くとて野墓のるりと名に呼ばれて/浮世草子・一代女 5」 〔「焼ける」に対する他動詞〕
[可能] やける
( 動下二 )
やける
[慣用] 世話を- ・手を-
[表記] やく(焼・妬
「焼く」は“火で物を燃す。日光で肌を黒くする”の意。「魚を焼く」「炭を焼く」「肌を焼く」「夫の世話を焼く」「手を焼く」  「妬く」は“嫉妬する”の意。仮名で書くことが多い。「焼き餅を妬く」「仲の良い二人を妬く」

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone