コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

焼ける・妬ける やける

大辞林 第三版の解説

やける【焼ける・妬ける】

( 動下一 ) [文] カ下二 や・く
火がついて燃える。燃えて灰になる。 「家が-・けた」
熱せられて高温になる。 「 - ・けた砂浜」 「 - ・けた火箸」
火の中や火のそばにある物に熱が通る。また、そうして物ができ上がる。 「芋が-・けた」 「うまく-・けた茶碗」 「餅が-・けた」
光や熱にあたって、物の色が変わる。特に肌の色が黒くなる。 「畳が-・ける」 「小麦色に-・けた肌」
空や雲の色が赤くなる。 「西の空が真っ赤に-・けた」
乾いて熱く、苦しい。 「胸が-・ける」
心や手をこまかく使わせられる。 「世話が-・ける」 「手が-・ける」
(「妬ける」とも書く)ねたましく感じられる。 「しあわせそうなカップルを見ると-・けてくる」
日照りで草木が枯れしおれる。 「旱ひでれば則ち-・けぬ/日本書紀 神代上訓」 〔「焼く」に対する自動詞〕 → 燃える(補説欄)

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android